お金の基礎知識

2019年12月06日

遠い将来の老後を心配する前に、目の前の1年を充実させよう

遠い将来の老後を心配する前に

今後10年間を見据えて、目の前の1年を充実させよう!

『女性が28歳までに知っておきたいお金の貯め方』三笠書房 知的生き方文庫 わたしの時間シリーズの初版は、なんと2009年!あら10年前。でも、昨年も増刷された。この10年でお金のことはどんどん変わっているけれど、変わらない土台をしっかりと据えているから、今読んでも全然古くない。

ただ、制度は消費税やつみたてNISAなど、一部変わっているので、これは最新情報を参照してほしい。

今日、30歳前後の女性向けウェブメディアの取材を受けた時に、ひさしぶりにこの本のページを開いたら、とっても素敵なことが書いてあった。とても自分が書いたとは思えない。

不思議なことに、原稿用紙(本当はキーボード)に向かうと、読者のためのことばがつぎつぎと溢れてくることがある。これもきっとそのひとつだと思う。以下、読んでみてください。p216ー218 より

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 将来のために貯金するのはいいことだ。でも「老後のため」というのではだめ!

あなたが今20代なら「老後」は40年も先の話。その前にやりたいこと、やるべきことがたくさんある。それを全部すっ飛ばして、40年以上も先の心配をするなんて、笑っちゃうね。

 年を取ったときにたっぷりお金があったとしても、それまでに夢中になってやったことや、苦労してやり遂げたことがなかったら、何の人生だろう。

 20代これからの長い人生の土台をつくる「模索期」だ。いろいろなことに挑戦しよう。失敗もたくさんして、自分の好き・嫌い、得意・不得意、向かいたい方向を知ろう。

 30代はその方向に向かって経験を積み、技術と人間性を磨く「研磨期」だ。気力も体力も充実している。徹底的にやろう。

 40代は「成長期」。がむしゃらにやるのではなく、人を育てながら自分もさらに成長していきたい。

 50代以降は(まだ経験してないのだが)、仕事や家庭以外の分野に自分の世界を広げて行く時期だろう。地域やより広い社会に影響を与えていく。

 そして、60代以降にそれを結実させていく。

だから、あなたが今20代なら模索しなさい。30代なら経験を積みなさい。40代ならさらに成長しなさい。10年後を見据えつつ、目の前の1年を一生懸命生きるのだ。

そのためには、今後の10年間で何をやりたいか、実現したいかを思い描く。そのために「今なにをすればいいか」を考え、実行する。あなたは今後10年間で何をやりたい? 仕事は? 結婚は? 子どもは? 住まいは? ボランティアは?

 プランどおりにいくとは限らない。20代は激動のとき(そうじゃないとおかしい)。やりたいことがどんどん変わる。そしたらプランを修正・変更すればいい。

 これから仕事でも恋愛でも家庭でも、いろいろな場面で「選択」をすることになるだろう。安全だけどつまらない方ではなく、リスクはあるけど面白そうな方を選ぶと、人生はわくわく楽しくなって充実する(まわりは反対するかもしれないが)。

ところで、選択や決断をしなければいないときに、それを先延ばしにする人がいる。「決断しない」のは、実は「何もしない、どこにも行かない」決断をすることだ。すると、何も経験しない・達成しない・成長しないまま、年だけをとることになる。

だから、決断することを恐れないで! 失敗したらやり直せばいい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

pagetop

Copyright© 2020 中村芳子のお金のこと  All rights reserved.