新着情報

2016年12月26日

【配偶者控除 103万円=>150万円 いい…

【配偶者控除 103万円=>150万円 いいニュース?】
あれ、廃止するんじゃなかったの、という配偶者控除を今の103万円から150万円するという案が、12月の税制改正大綱というので決まった。おかしな話だ。
メッセージは、結婚している女性は103万円まで働いていいよ、から150万円まで働いていいよ、である。その範囲内なら、税制の特別なメリットがもらえる。それ以上働くと損する。そんな仕組みだ。
この制度にしろ、会社員の妻が年収130万円か106万円まで、社会保険料を自己負担しなくていい制度にしろ、女は会社員の男と結婚して専業主婦かパート収入になるのが賢明な生き方ですよ、と言ってるのだ。
その結果、女性の仕事は、時給が低く、フルタイムでないものが主流になる。長く働いても時給が上がらない。フルタイムで働きたくても仕事がない、という状況に、ずーっとなってきたし、結局当分はこの状況が続くということだ。
OECD(経済協力機構)は、ずっと前から、日本のこの制度が女性の社会進出や活躍を押しとどめている、問題だ、と提言しているのに。💢
女性の皆さん、年100万円以下とか150万円以下という働き方は、日本の女性全体をおとしめてしまいます。あなただけの問題じゃないんです。最初から年300万円以上を目指しましょう! オー!
リンクは、古いけどOECDの提言
https://www.oecd.org/general/50190707.pdf
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

pagetop

Copyright© 2017 中村芳子のお金のこと  All rights reserved.