新着情報

2018年05月25日

【退職後の働き方は手に職とコネがものをいう】

【退職後の働き方は手に職とコネがものをいう】
先日「定年退職しました」というハガキをもらい「久しぶりにご飯食べましょ!」と下北沢でご一緒しました。彼女は編集者。出版社を退職してから、こんどは個人事業主として、会社から仕事を請け負うという形で働きます。「プロジェクトごとの契約で、実働週3日くらいになるかな」とのこと。彼女は編集だけでなく、営業や企画も経験。切り札がいくつもあるから、退職しても仕事が来る。
これって、60歳以降の働き方のひとつの理想形。自分のキャリアと好きを生かして、自分のペースで楽しみながら働ける。専門性のある仕事だから、収入も悪くない。
会社勤めの人だと、50代になって「あと○年で仕事も終わり」と守りに入る人が多い。「60歳からマイペースで好きな仕事😀」という彼女は対照的。
あなたはどちらになりそう? 今の(30代の40代の50代の)生き方、働き方が60代以降を決めます。 さあ、夢を描きましょ。という話も『50代のいまやっておくべきお金のこと 新版』に書いています。お楽しみください!
(写真はイメージで、田中 美和さんという別人です。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

pagetop

Copyright© 2018 中村芳子のお金のこと  All rights reserved.