新着情報

2017年01月17日

【血がつながっていないと愛せない?は…

【血がつながっていないと愛せない?は間違ったマインドセット】
突然ですが、我が家の2人の子どものうち、下の子は特別養子です。
ふだんは特別宣伝もしないのですが、隠しもしません。パパがアメリカ人なので、彼女は時々「あんまりハーフっぽくないね」「お姉ちゃんと似てないね」と言われのですが「うん、私、養子だから」と応えてます。私もときどき「自分が産んだ子じゃないのに、偉いわね」いえ、別に偉くないです。「上の子と同じように愛せるの?」いえ、上の子は上の子、下の子は下の子で、それぞれ全力で向き合っておりますが、同じじゃないと思います。それぞれ違う人格を持ってる人間なので。で、昨日、本人に聞いてみた。「あなた、養子だから、お姉ちゃんより愛されてないって感じたことある?」「ないよ。でも、お姉ちゃんはしてよくて、私はダメなことがあるから<不公平だ!>とは思うけど」 そりゃ7歳も違うんだからね。
血のつながりを大切にするのは日本の文化のいいところだけど、ネガティブに働くこともある。「血が繋がっていないと愛するのが難しい」という思い込みとかね。それは嘘です。子どもはみんなかわいい。かわいくてかわいくて憎らしい!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

pagetop

Copyright© 2017 中村芳子のお金のこと  All rights reserved.