新着情報

2018年04月26日

【結婚の原則=収入の範囲で生活できる相手を選ぶ】

【結婚の原則=収入の範囲で生活できる相手を選ぶ】
このコラム、とっても素敵だったので。結婚に関する14のアドバイスの中には、もちろんお金のことも入っています。
・選ぶなら稼ぎの良い人でなく、働き者の人。そして自分の収入の範囲内で生活できる人 
・相手の現在ではなく、将来の可能性を見る(仕事や収入も)
・本気で結婚したいと思う人に出会ったなら、結婚を遅らせる必要はない
・新婚旅行には無理しても行く(お金がなくても)
・結婚前にお互いのことを深く話し合う(家計や貯金のことも)
・月に一回、家族会議をする(お金のことも話し合う)
・子供にとって一番良い影響があるのは、夫婦仲が良いこと(塾や私立の学校に行かなくても)
すばらしい!いわれてみると、ごくふつうのことだけど、なかなか気づかないし、なかなか実行できない。
ただ、「結婚を遅らせる必要はない」について私は、「貯金がなかったり借金があるときは、結婚を決めてから式までに6ヶ月ー1年かけて借金を返し、お金を貯めましょう」と勧めています。愛があれば、半年くらいは待てるでしょ😀

結婚前後のカップルのFP相談、好評です。このタイミングでお金のことを二人で話し合って、ゴールを共有し、問題を一緒に解決すれば、たくさんの夢をふたりで実現できるよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

pagetop

Copyright© 2018 中村芳子のお金のこと  All rights reserved.