新着情報

2017年01月18日

【九十歳。何がめでたい 笑って勇気が…

【九十歳。何がめでたい 笑って勇気がもらえます】
新聞広告でみて、図書館で予約して待つこと3ヶ月。やっと手に取りました。いえ、すみません。英語の本は買うんですが、日本語の本はたいてい図書館で借りてます。
すでに93歳になられた、作家の佐藤愛子さんのエッセイ。88歳で小説を書き上げて、スッカラカンになった(本人の弁)著者は、もう仕事はしないと決心したが、仕事をしないとうつっぽくなってしまったそう。そこへ舞い込んだエッセイの連載を始めたら、元気がもりもりと湧いてきたとか。すばらしい!
−–−「強く生きるコツ」とはこういうことなのですよ。まず『暴れ豬』になることが必要なのです。人に迷惑をかけ、呆れられたり怒らせたり憎まれたり、それにもめげずに突進する。強く生きるとは満身創痍になることです。だから強く生きるなんてことは考えない方がいい。佐藤愛子を『人生の反面教師』として参考にするのなら、別ですが…  p43
うっとり。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

pagetop

Copyright© 2017 中村芳子のお金のこと  All rights reserved.