新着情報

2018年12月27日

 【人生100年、貯めるよりも学ぶが大切!】

 【人生100年、貯めるよりも学ぶが大切!】
先にフリードマン著の『遅れてきてくれてありがとう』を年末年始に読む本としてお勧めしたが、そのきっかけとなったシンポジウム(2018年11月)で聞いたメッセージを、ウェブサイトのコラムにアップしました。同席した15歳の娘にもわかるやさしい表現で、ジャーナリストとして世界で見てきたことを自分の体験を交えて、語るすばらしい知性と、人間への愛に感動しました。
親へのメッージ「子に『何になりたいか?』と問う時代は終わった。今からは『どう生きたいか?』と訊いてほしい。大学4年間で学ぶことは5年後10年後にはもう、賞味期限切れになっている。職業はどんどん変わる。消える仕事もあれば新しい仕事も生まれる。何になりたいかを目標にしては生きていけない。どう生きたいかを問い続けて学び続けることが大切」には深く共感した。
2019年は、何をどう学ぼうか。これから10年、20年、30年と生き続け、働き続けるために。うん、これも年末年始に考えたい宿題だ。
https://al-pha.com/column/激動の時代を100年生き抜くには、生涯勉強%E3%80%82/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

pagetop

Copyright© 2019 中村芳子のお金のこと  All rights reserved.